治験コーディネーターのやりがい

治験コーディネーターのやりがいは?

治験コーディネーターのやりがいに関して詳しく紹介している画像

 

病院など医療機関を訪問し、治験を実施する際に遵守するべき規準にのっとって、適切に治験が行われるようコーディネートしていくのが、治験コーディネーターの仕事です。患者さんとの接触はもちろんのこと、製薬会社の人や病院関係者とのコミュニケーション能力も問われるので、人と接することが好きな人におすすめできます。

 

治験コーディネーターとしてのやりがいは、そのような人と人とのつながりによる所が大きいようです。治験の乗り気でなかった被験者が治験コーディネーターの話を聞いて同意してくれたり、医療従事者との強力で治験がスムーズに進むときにやりがいを感じる人が多いようです。

 

また、治験は、新薬の開発に大きく関わっています。治験がうまく終了して、その製品が実際に販売されたときには、自分が治験で関わった新薬が世の中にでて多くの人を救うという思いに感動するコーディネーターが多数だといいます。それによってやりがいを感じ、また次のコーディネートに力を注げるようになるのだそうです。

 

もともと治験コーディネーターになるような人は、人の命を救う薬という存在に魅力を感じている人がほとんどなので、その開発に貢献できるということはとても嬉しいことなのだそうです。

治験コーディネーターのやりがいは?関連ページ

CRCになったら転勤はある?
CRCになったら転勤はあるのでしょうか?CRCとして勤務ずる場合には転勤を考えることはあるのでしょうか?
CRCになるため企業探し・・・どう選ぶ?
CRCになるため企業探しはとても重要です。自分に合った企業を探すというのは長く勤務する上でとても重要になります。