医師の仕事

医師の仕事がどれくらい大変か

医師の仕事はどれくらい大変かご存知でしょうか。

 

開業医をしている場合は平日の日中勤務だけですのでさほど多忙ではありませんが、診療科目が多く救急指定されている大学病院や公立の大型病院の場合は予想以上に多忙の場合があります。

 

診療科目の中でも産婦人科・小児科は多忙を極めている事が多く、共に時間を問わず来院する患者がいるために迅速に対応しなければなりません。産婦人科の場合は、出産に数時間かかる事も多く長時間の集中力が必要で肉体的・精神的疲労がたまりやすくなります。小児科も高熱・痙攣・ひきつけといった重症の子供が夜間に来た場合は救急対応が必要です。

 

上記の理由がある事から他の診療科目に就く新人医師が増えており、数百万円から数千万円単位で補助金を増やして産婦人科医・小児科医の確保に努めている病院が増加しています。産婦人科に関しては高齢出産が増加している事で出産が大変になっており、産婦人科医の育成は喫緊の課題となっています。

医師の仕事がどれくらい大変か記事一覧

産婦人科の医師が少なくなっている原因は?

産婦人科の医師が少なくなっている原因は?医師の総数は、10年間で15%増加していますが、産婦人科の医師は平成に入ってから減少しているといわれています。10年前と比べて12%もの減少となっています。産婦人科の医師が少なくなっている原因は、医療訴訟率が高いことが挙げられます。訴訟になることが多く、そうし...

≫続きを読む

 

医者が持つべき心構えは?

医師の心構えとして大切なのは患者とコミュニケーションを取りながら治療をする事なのではないでしょうか。医師として働いていると周囲の目も変わってきます。だからといって偉そうな態度を取っていてはいけません。治療をする際には患者とのコミュニケーションがとても大切となります。尊大になり過ぎず患者と同じ目線で話...

≫続きを読む

 

研修中の医師の仕事について

医師は、医師国家試験に合格しても、すぐには臨床医として独り立ちできるわけではありません。合格後2年間、幅広い診療能力を習得するために、臨床研修医として様々な診療科で研修することを義務付けられています。以前は、この時期が低給与で仕事というより、長時間の過酷な労働を強要されるような労働環境だったのですが...

≫続きを読む

 

医師の保健所での仕事−公衆衛生医師−

医師の仕事の一つに保健所での公衆衛生医師があります。その業務内容は各自治体で多少違いはありますが、感染症予防対策・健康相談業務・結核予防業務・難病対策業務・医療安全業務・母子保健業務・精神保健業務・食中毒対策などがあります。地方公務員として採用されるため、地方公務員法の適用を受けます。年収は自治体に...

≫続きを読む

 

私立の医大と国立の医大の違いは?

私立の医大と国立の医大の違いは、私立は学費が高い、国立は比べると学費が安いけれど難関であります。またサークルや部活などに入った時にかかる費用も意外とかかると言われています。学校を卒業してからは同じスタートラインだと思いますし、差を気にするようなことはないのではないでしょうか。医師免許を取れば立場も同...

≫続きを読む